明月山富セレン金花蕊皇菊

発布時間: 2014-11-04 23:57:49   作者:当サイトの編集   来源: 当サイトのオリジナル   閲覧回数:
要旨 : 金花蕊皇菊は中国宜春の明月山地区のお土産黄金色菊であって、北宋の皇帝哲宗に好まれたから名を与えられた。話によると西暦紀元1086年、唐宋八大家の一人蘇東坂は皇帝に命令されて朝廷に翰林院学士をやっ...

金花蕊皇菊は中国宜春の明月山地区のお土産黄金色菊であって、北宋の皇帝哲宗に好まれたから名を与えられた。話によると西暦紀元1086年、唐宋八大家の一人蘇東坂は皇帝に命令されて朝廷に翰林院学士をやって、皇帝のため専任の詔を起草した。ある日、哲宗は翰林院に来て、蘇東坂が書いた菊の詩「薄い肌と弱いからだが静かに香り、さらに金花蕊が彩雲により美しい。この菊の老衰を延期する効果がよく知られ、百花が散る時に菊の花が出る。」を見た。蘇東坂はこう答えた:庶民はみんなこの菊を薬にして、長い間にずっと菊茶を飲んで血気に利があって、老衰を延期できます。菊の上品は特に農業上郡の明月山の寒菊は一番です。この地区は風光明媚、土肥水甘、この菊は美しい姿だけではなく性温味甘い、ヨモギのような味は全くありません。そして春に成長し、冬に結実し、人にとって一番養生なものです。哲宗は非常に嬉しくて、忙しく人を命じてこの明月山の寒菊を宮廷花園に移植し、皇室の医者さんに菊の花を「菊茶」、「菊の酒」、「菊の枕」に作らせて、宮廷の人々に提供する。その上に蘇東坂の褒美として彼の詩を用いて、この菊を「金花蕊皇菊」と名付けた。これから、「金花蕊皇菊」は清代までの歴代の王朝の宮廷花園に欠けない菊の品種となった。しかし明月山の金花蕊皇菊は今まで植えられている。

中国人は昔から菊を飲むという飲食伝統がある。『本草綱目』には菊の薬効果について明確な記述があり:性甘く、微寒く、風熱を散らかし、癇癪を静めて明目の効果もある。現代医学研究もこういうことを証明した。菊には複数の栄養成分を含み、細菌とウイルスに耐えられる。高血脂、高血圧、心臓の冠状動脈疾患、動脈硬化などの疾患に補助治療作用があり、特に「コンピューター派」にとって目に対する保護作用が著しく、と同時によく携帯通信製品を使う人に抗輻射作用もある。菊は昔から民間の清熱と老衰を延期する一番な飲み物である。

宜春沐阳天然セレンが豊富の生態栽培場が国家重点風景名胜区-----明月山景区に位置し、は国家レベルでの森林公園、地質公園である。この地域は亚热带湿潤気候に属し、かつ地質で、天然な少ない「抗癌の王様」セレン元素を含み、と同時に国家農業部農産物品質安全監視検証試験中心によってその土壌に生えるの金蕊皇菊中でもセレン元素を検出した(検出報告番号:2009農業質量検核国字第0005号-2011委字環境類364-1号)、昔から「天然豊富なセレンの生態栽培場」という美称があり、古代は「農業に郡」と呼ばれた。林泉は山に分布され、空気での負イオン含有量は極めて高く、「天然酸素バー」と呼ばれる。泉に身体に有利の20種類以上の元素を富み、「天然矿泉」と呼ばれる。独特な地理の位置及び自然条件により、金蕊皇菊の高品質を作り、伝統的栽培及び加工方式は、製品の緑色天然を保証する。金蕊皇菊の花はお茶、お酒に入ることができ、そのソープの色は金色で透明し、経久に衰えない。口に入ると心もその匂いを感じる、やや待って甘い味がある。スープでの花は完全に咲く、おっとりとして美しい。透明な皿を加えて観賞できる。

中国に一番「生きる」一番「鮮やか」の含セレン花茶を飲んで、明月山「五つ金花」は天下に礼をあげる。

-
Copyright © 2014-2015 明月山の個人旅行サービスセンター www.myswq.com, All Rights Reserved
電話:0795-3516666 ファックス:0795-3511111 クレーム電話: 0795-3518877
技術サポートを:明月山観光マーケティング会社ネットワークセンター Email:1229012177@qq.com
No. ICP:赣ICP备12000107
  • 国の景色の名所
  • 国家4 A級の観光地区
  • 国家地質公園
  • 国家森林公園
  • の国家自然遺産