明月山迎客茶茶器

発布時間: 2014-12-31 03:49:41   作者:当サイトの編集   来源: 当サイトのオリジナル   閲覧回数:
要旨 : 「明月山迎客茶茶器」は2008年中国宜春・明月山第二回「月見文化祭」及び「経済貿易活動ウイーク」が宜春地元の文化を掘り起こし輝かす為に、「農に月、人と月」と言うテーマをめぐて作った「月見文化祭」...

      「明月山迎客茶茶器」は2008年中国宜春・明月山第二回「月見文化祭」及び「経済貿易活動ウイーク」が宜春地元の文化を掘り起こし輝かす為に、「農に月、人と月」と言うテーマをめぐて作った「月見文化祭」の記念品である。

      この記念品は明月山迎客茶と茶器セットを含む。明月山迎客茶は唐から始まり、宋に盛りになって、千年以上の歴史を持った。明月山迎客茶はダイズ、生姜、チャンチン、干し人参、ゴマという5つの種類の食材を調合して作られた物である。5つの種類の食材は「五福到来、万事順調」を意味する。お茶はまた渇きを癒し、消化をよくし、内蔵の健康を保つなどの効果がある。南宋の時、上皇高宗赵构の誕生日に、明月山月夏家坊村山で生まれの孝宗皇后夏云姑の弟、奉国軍節度使夏执中はこのお茶を貢物として献上した、高宗を喜ばせた。以来、明月山迎客茶は宮廷と民間の人気が高まって、今に至っても赣西地方で祝日や婚礼で客をもてなす上等品である。

      明月山迎客茶茶器は「四都」によって心を込めて作られた。茶杯は月の都・宜春地元の剪紙巨匠が作る「月と戯れる十二生肖」剪紙の模様を元にして、中国の磁器の都・景徳鎮の手工芸巨匠がデザインし焼成した。茶盘は中国の竹の都・浙江吉安の専門工場でデザインし作った。茶匙は技術の都・深圳でのゴールドジュエリーアクセサリー有限会社が作った。この記念品セットは伝統と現代感を兼ね備えて、中華の四つの都の伝統文化の特徴及び技術の真髄を集まって、収蔵と鑑賞の価値があり、知的な面白さもあって、収蔵や鑑賞、贈りの名品である。

      この記念品は第二回「月見文化祭」から今まではもう約3000セットを販売し、多くの観光客や市民から評価を得た。

-
Copyright © 2014-2015 明月山の個人旅行サービスセンター www.myswq.com, All Rights Reserved
電話:0795-3516666 ファックス:0795-3511111 クレーム電話: 0795-3518877
技術サポートを:明月山観光マーケティング会社ネットワークセンター Email:1229012177@qq.com
No. ICP:赣ICP备12000107
  • 国の景色の名所
  • 国家4 A級の観光地区
  • 国家地質公園
  • 国家森林公園
  • の国家自然遺産