現在の位置:ホームページ > 食べる

宜春大マンジュウ--- 明月山奔月肉マン

発布時間: 2014-11-04 23:39:07   作者:当サイトの編集   来源: 当サイトのオリジナル   閲覧回数:
要旨 : 宜春大マンジュウは宜春有名な軽食で、その独特な味わい、数多くの市民と観光客が涎を垂らすほどほしくてたまらない。宜春当地の人が大好きな朝食だけでなく、観光客が食事のとき必ず注文するおいしい料理...

宜春大マンジュウは宜春有名な軽食で、その独特な味わい、数多くの市民と観光客が涎を垂らすほどほしくてたまらない。宜春当地の人が大好きな朝食だけでなく、観光客が食事のとき必ず注文するおいしい料理でもある。宜春大マンジュウはすでに『人民日報』が推薦した「中国名マンジュウトップテン」に入った。

宜春大マンジュウには一番代表できるのは「明月山肉マン」:

1 大きな肉まんで餡がたっぷり、普通な小龍包(ショウロンポウ)を売る蒸篭には宜春大マンジュウを一つしか入らない

2 宜春大マンジュウの食材は厳しく選ばれ、自然の、無公害の材料でなければならない。肉は山の奥で放し飼われる土豚の肉、脂身と赤身の割合には明確な基準がある。そして餡を作るには機械を使わずに人手で叩き切る。当日の餡は必ず当日のうちに使い切り、味わいのおいしさを確保する。

3 大肉まんを作るに使う水は上等な山の泉でなければならない。明月山の宜春大マンジュウが使うのは微量元素のセレンに富む温泉水と小麦粉である。こうするこそふわふわでおいしい肉まんができ上がる

4 大肉まんの口当たりがとてもよくて、できたばかりのまんじゅうを一口食うと、その皮がふんわりとやわらかいな感じがする。そのなか甘い味もあって、口に入れたらすぐにとろける。食い続けると、餡の中から汁も出て、灌湯包の汁ほど多くないが、程がよく、まんじゅうの餡もやわらかくて新鮮になる。肉で作った餡だが、おいしくて油っぽくない。

最初は蜜汁大肉マンと呼ばれたが、その外見が丸くて月みたいので、人々が食べた後「嫦娥奔月肉まん」「奔月肉まん」と名付け、どんどん人々に知られるようになった。

宜春大マンジュウの具体の発祥地は明確に記載されていないが、明月山観光区に嫦娥が貧乏な人にまんじゅうを配り、夏皇后が帰省して父母を見舞うとき宮廷の大肉まんじゅうの作り秘方を持ち帰ったという物語がある。ここの宜春大マンジュウもほかの地方より古い味を受け継いだ。正統というと、明月山はその名を譲らない。

宜春市街地から車で15分ぐらい明月山観光地に着き、美しくてうっとりさせられる自然景色を楽しんだ後、食欲も上がって、温湯町で泊まった温泉レジャーホテルに戻って、宜春大マンジュウに加えて、観光地の郷土料理をいくつかを注文すれば最高だ。すこし噛むと、大まんじゅうの餡の中の肉、野菜の味がすぐにミライを侵し、新鮮な肉汁が薄い温泉の味を放出し、郷土料理とともに食べながら幸せの味が現れる。まんじゅうと料理をたっぷり享受した後、屋外温泉に行くのは明月山旅行にとって不可欠の活動だ。セレンに富む温泉水が肌と接触する感覚は到底言葉で描かれないものだ。一時間の温泉浴で肌が滑々で透き通るようになるだけでなく、体もすっかりとなって、若くなるような気がする。こういう時、旅行の真諦は山水美景が視覚にもたらすインパクトだけでなく、ミライ、神経と細胞の解放にもあるということを悟られる。

-
Copyright © 2014-2015 明月山の個人旅行サービスセンター www.myswq.com, All Rights Reserved
電話:0795-3516666 ファックス:0795-3511111 クレーム電話: 0795-3518877
技術サポートを:明月山観光マーケティング会社ネットワークセンター Email:1229012177@qq.com
No. ICP:赣ICP备12000107
  • 国の景色の名所
  • 国家4 A級の観光地区
  • 国家地質公園
  • 国家森林公園
  • の国家自然遺産