現在の位置:ホームページ > 食べる

「名月の宴」名月の躍動を舌で味わおう

発布時間: 2014-12-31 03:36:53   作者:当サイトの編集   来源: 当サイトのオリジナル   閲覧回数:
要旨 : ようこそ友よ、江西明月山荘維景国際温泉レジャーホテルへいらっしゃいませ。名月の躍動を舌で味わって、明月の宴の風情を体験しよう。一つ小さな町が、明月山の麓に寄り添って、朦朧とした月に染まる。宜...

      ようこそ友よ、江西明月山荘維景国際温泉レジャーホテルへいらっしゃいませ。名月の躍動を舌で味わって、明月の宴の風情を体験しよう。一つ小さな町が、明月山の麓に寄り添って、朦朧とした月に染まる。宜春、人の心にかなって四季を問わず常に春の景色。月の淡い光に覆われ、その名は「月の都」で,人の思いをはせさせる。

      「明月がいたるところに有り、宜春の月は最も明るい」。春城へ月をどうぞ。見て、その一輪の月は、夜の中に光を散らして輝いている。聞いて、その張りのある声は、にぎやかな月の文化祭の公演である。歩いて、その曲がっている石の小路は、見物人を導いて明月山の頂上に行く。食べて、食卓の上の月の景色は、よだれを流させながらいただくことを惜しむ。

      古人は「美食と美人を好きなのは人の天性である」といった。飲食は一つのライフスタイルになることによって、文化的な、または精神的な意義を与えられる。七年続いてきた月の文化祭で、宜春は濃厚な月の文化を特徴とした町になった。それゆえ、「食」もここで、月の色に帯びてきた。

「明月の宴」の由来

      宜春で何を食べるとは、大切な問題だ。宜春の特色、文化及び知名度に関わっているから。周知のとおり、宜春には「一つの山」と「一つの祭」、つまり明月山と月の文化祭がある。賢い宜春の人に「よそに『全羊宴』があるから、ここで『月の宴』とかやっていいじゃない」というアイディアがピンときた。よし「月の宴」だ!月によって名が売れるため月という名を付けた。立派で、詩の趣に富んだ宴の名前に濃厚な月の文化感が含まれている。飲食と月の文化を結び付けて、明月の宴も月の文化の一部になる。

キンケイ、月に鳴く

      「明月の宴」というコンセプトを実の料理に変えるのに、心を込めた発想と工夫が不可欠である。宜春の数多く飲食会社の中、新家和ホテルは江西料理の文化を主張し、江西料理のブランドを立てようとしている。食材に拘り、一芸に秀でることで優勢を占め、「明月の宴」の制作チームになった。宜春市人民代表大会常任委員会主任、「月のお姉さん」任桃英がリードして、関係者が心こめて計画を立て、宜春新家和ホテルが協力して、力合わせてようやくこの塩味、甘み、肉と野菜が揃って、紹興酒と食材の彫刻それぞれの特徴を持つ「明月の宴」を作り上げた。

月落ちた寂しい心

料理と月の物語

      「明月の宴」である以上、料理は「月」から離れられない。嫦娥奔月、水中撈月、荷塘月色、竹林月影、瑶池沐月、火龍追月、玉兎守月、閉月羞花……20余りの「明月の宴」料理は月の文化祭の各活動からの精粋と、明月山の美しい風景、古典歴史物語などから取捨選択し、一つ一つ「月」という名をつけた。その中の寓意は褒められる。「明月の宴」は丹念な工夫と、趣のある名前、おいしい味で、お客さんの感じを喜ばせる。飲食を文化のレベルにさせ、明月を舌の先で踊らし、お客さんが思いのたけに味わえる。

月々豊かに

      花は美しく月は丸いとき家族が再会するように、という願いはさっぱりして甘みのあるフルーツ-「花好月圓」になる。食事の前に果物を食べると栄養を取ることによい、そしてダイエットもできる。だから、「花好月圓」は明月の宴の初めの料理となる。手先の器用な料理人が丸くて小さなスイカに花弁が重なった牡丹を彫刻し、皮に「花好月圓」四文字を刻んでいる。蓋をあけると、さいの目に切ったスイカ、ドラゴンフルーツ、ブドウなどが入っている。この料理は作りが目新しく、さっぱりして甘みがあって、一家団欒、満ち足りた生活と、幸せな家族という祈りが含まれている。これを食べると、味がよくて、気持ちもよくなれるだろう。

 

竹林月影

      嫦娥奔月という美しい物語がもう知りわたっている。史詩によると、明月山はまさに嫦娥奔月のところである。プロの料理人の器用な彫刻の技術によって、嫦娥奔月は私たちのテーブルの上に再現できる。白い皿に素晴らしい、生きているような嫦娥の彫刻が立っていて、そばに大きなごま団子がある。日常のスナックであるごま団子はここで月を象徴している。きれいな嫦娥の姿は「月」に向かって飛んで行ってしまうようである。お客さんは感嘆しながら、頭の中に嫦娥奔月のシーンをつい浮かび、心から愛に対して美しい憧れがせずにはいられない。

      「月光は流水のように、静かにこの叶っぱと花の上に落ちっていた。薄ら青雾が莲池の上に立ち込めている。叶っぱと花は牛乳で洗われたようだ。」このろまんちっくで、静かなシーンは朱自清が描いたものである。この美しい随筆「荷塘月色」を料理で表したら、一つ一つの用心深く作った小さなレンコンの粒になった。ハスの花と葉、花托とレンコンの彫刻で飾られ、白い特製の磁器の匙に盛っている小さなレンコン粒は、まるで葉っぱを通して点々と照らす月の光のようではないか。光と影が調和しているメロディーはお客の耳元に響いて、「まるでバイオリンでかなでっている名曲のようである」。そのシーンが美しくて、止めたいと思わずにはいられない。

蓮池月光

      伝説によると天空にはある美しい池があり、そこは仙女が沐浴する場所である。明月宴で、我々は「月が美しい池に浸る」という風景を楽しまれる。木製トレーの中にある透明なガラス容器に水煮石カエルを盛り、見た目こそ平凡なのに奥深い密がある。一杯の湯を差し出し、トレーにある急須に入れると、すぐ白霧がゆらゆらと立ち上がり、ぼんやりと霞んでいる様子はまるで神様が住んでいる場所である。この中の奥深い密はこの急須に盛られる少量のドライアイスにある。ドライアイスは湯と会って、水霧に昇華し、天空のような美しい場所は生き生きとしていて、人に机を叩くまで絶賛させる。我々はさらに連想でき、実は人世には一つの美しい池があるーー宜春明月山の山下にある温湯町、あそこのセレン温泉に一年中水蒸気が湧いていて、名を慕ってやってくる遠いところの客や友人たちあそこで足湯し、沐浴して、全身血液の循環がもたらしたいい気持ちを楽しみ、神様のように快活にしている。

玉ウナギが月を守る

      「明月宴」という料理には、もう一つの極めて世間と向き合う料理――「四星が月をめぐる」があり、該料理はビーフン肉を主原材料として、せいろの底に宜春の伝統なビーフンを敷いて、ビーフンの上にビーフン肉であって、そばの四つの小皿にはゆば、塩卵又は皮蛋、明筍、薩摩芋団子などの宜春の純粋な食べ物を盛っていて、非常に世間と向き合って、宜春地区の特色をよく表現できる。この料理の名は実に毛沢東に名付けられた料理「四星が月を望む」から生まれた。話によると毛沢東は辛いものを好んで、豚の角煮が好きだったのである。1929年、彼は一小隊のボディガードを連れて興国県都に来て、県の中国共産委員会リードとした陳奇涵、胡燦などの人は毛沢東にご飯をおごって、伝統な料理「ビーフン魚」を食べた。料理を差し上げると、毛沢東はフライドピーナツ、筍の肉炒め、卵の炒めなど四つの小皿料理が一つの魚の切り身を盛っている竹せいろをめぐることを見ていた。毛沢東はこの料理を食べた後すごく口に合うと気付いて、名を尋ねて、胡燦は「ただの故郷料理で、大した名前はないで、ビーフン魚と言いますけど。」と答えた。その後陳奇涵からこの料理を名付けさせて、毛沢東は興味深いように四つの小皿が大せいろをめぐって、まるで星が月をめぐるようと言って、彼は興味が濃厚にこの「四星が月をめぐる」という名を付けた。これから、興国県の客家特色料理は中国の名レシピに載られ、中南海の国宴までに姿を現した。ちょうどこの「四星が月を望む」料理によって、新規と改良を通じて、「四星が月をめぐる」という特色料理を作られる。

      サルが月をすくおうというストーリーは小学校の教科書にあるストーリーで、「明月宴」にはちょうど「水から月をすくう」という料理がある。この料理は薩摩芋を一つ一つの小団子に作って、甘い豆、クコと組み合わせてスープを煮て、まるで水中の月で、皿に置かれた二匹のサルは手を伸ばして月をすくおうという様子にした。

香る蓮と美しい月

      ユニークな造りが持っている料理「香る蓮と美しい月」は、グリーン食材料おからを主原材料として採用し、黄金色の卵焼きを用いておからをめぐって、蓮の葉と蓮花で皿を飾って、まるで蓮の葉は一輪の明月を捧げて、人々の口に蓮の香りを残らせて、明月の美しさを感じさせる。独自の芸術性を持つ「火竜が月を追いかける」は、日常食材料のニンジンを一匹の竜の形に作って、食べると健康だけではなく特色もある。「金亀が月を拝む」は月文化節の中秋の月を拝む儀式とかかわり、民族風俗文化を伝承するという寓意を表すだけではなく、またスッポンを金亀に比喩して、健康と長寿を象徴する。

      優秀な名匠たちは月という要素を各式の料理に染み込めて宜春の人文風情を表すのは、本当に意表をつくと言える。人々はこの一つ一つの美しく豪華な「明月宴」の料理、グリーンで、健康で、おいしい食べ物を吟味する時、各式の美妙な雰囲気に浸って自ら抜け出されない。「明月宴」は、「味」に食べるということの自体を超え、最普通の飲食を最意味深い域を生れる。宜春の月文化は世間の飲食にめったにない詩の趣を味わらせる。こんなに話すものも、見るものも、食べるものもある「明月宴」は、本当に人のよだれをたらさせる。食べるのは、必ず健康で質素なものを食べて、特色と文化を味わう。

-
Copyright © 2014-2015 明月山の個人旅行サービスセンター www.myswq.com, All Rights Reserved
電話:0795-3516666 ファックス:0795-3511111 クレーム電話: 0795-3518877
技術サポートを:明月山観光マーケティング会社ネットワークセンター Email:1229012177@qq.com
No. ICP:赣ICP备12000107
  • 国の景色の名所
  • 国家4 A級の観光地区
  • 国家地質公園
  • 国家森林公園
  • の国家自然遺産